Products

ClinicalNutriton オプティキュア エイジマネジメント

エイジマネジメントの3要素

抗加齢医学における主要なエイジマネジメント要素は「食事」「運動」「睡眠(ホルモン)」の3つです。一方で主要なエイジング原因は「糖化」「酸化」「内分泌低下」の3つです。

 糖化と終末糖化産物AGEs(Advanced Glycation EndproductS)

糖はエネルギー代謝の必須物、そしてタンパク質は私たちの体組成を構成する基本物質です。糖は血中に取り込まれた後、素早く細胞でエネルギー代謝をされますが、余分となった糖は飢餓に備えて肝臓で脂質に再合成され細胞に蓄積されます。しかし特に食が飽和する現代社会では、過剰になった糖は糖尿病や肥満を代表とする生活習慣病原因となります。一方で過剰になった糖はタンパク質と結びつきHbA1cなどの中間代謝物を経て最終的にAGEs群へと代謝されます。
このAGEsは酵素による結びつきではなく、自然結合する結びつきで極めて安定した物質ですが分解もまた非常に難しい物質です。そしてAGEsは細胞内に蓄積されるだけでなく、細胞そのものも糖化させ不良細胞へと変えてしまいます。糖尿病合併症やアルツハイマー、骨粗鬆症の方を調べるとAGEsが多く検出され、細胞、脳、骨内などあらゆる体組成細胞が糖化されることがよくわかります。白血球の一部はAGEsのレセプターを持ち、糖化細胞や物質の排除に動きますが、実際には排出能力を蓄積量が上回り一生をかけて蓄積をしてゆく物質であることが研究調査によりわかっています。
糖化された細胞は活動能力が低下し、代謝能力が落ちることがわかっており、例えば線維芽細胞が糖化されると細胞間基質であるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの産生能力が落ち、皮膚、血管などのしなやかさが失われる原因のひとつとなっています。また、糖化色は茶褐色をしており、見た目のエイジングの原因ともなっています。
このため、老化の原因となる蓄積物質としては極めてやっかいなものがAGEsと言われております。

 酸化と活性酸素種

酸素は元来その酸化力から生物にとっては有害物質ですが、進化の過程でミトコンドリアを取り込んだヒトは酸素を細胞内のミトコンドリアでエネルギー代謝に使用するという画期的な能力を身に着けました。また酸化物質は水やアルコールへの代謝経路にうまく組み込まれ恒常性のひとつとなっています。
しかし、消費しきれない酸素からミトコンドリアが発生させる活性酸素や、紫外線・過度な有酸素運動での過剰に発生した活性酸素は極めて反応しやすい有害物質として細胞や遺伝子に傷をつけるだけでなく肝心の酸素代謝役のミトコンドリア自身をも傷つけてしまいます。
損傷を受けた遺伝子は修復補正を行いますが修復しきれない遺伝子は異常細胞の発生原因ともなり悪質な損傷ではがん細胞に変異します。またミトコンドリア損傷は、酸素処理能力の低下となり、体内で酸化物質が増加する原因となりまたそれがミトコンドリアや遺伝子の損傷を引き起こす悪循環になります。一度強く酸化に曝されると修復が難しくなる原因がこの悪循環にあります。低下した細胞能力やミトコンドリア能力は加齢と共に増える為、老化原因の一つに酸化が挙げられています。

 ホルモン

ホルモンは細胞代謝の重要なメッセンジャー物質ですが、加齢と共に産生量は低下してゆきます。おおよそ18歳前後をピークに、女性ホルモンは30歳前後をピークに低下を続け女性ホルモンは特に閉経後更年期を境に急激に低下をします。
老化と比例してホルモン産生量が低下する為、成長ホルモンの投与を行ったのが抗加齢医学のきっかけとも言われておりますが、ホルモン物質は副作用も強く日常的な常時服用にも課題が残りました。
現在のところホルモン産生量の極端な低下を防ぐ手法は睡眠にあると言われており、規則正しく十分な睡眠をとることでホルモン産生の過度な低下やバランス失調を防ぐと言われています。
それでも低下を十分に防ぐことは難しいのが現状ですが、成長ホルモンのインデューサーとなるサイトカインや他の細胞ダメージ原因を緩和することで産生量をサポートすることが徐々にわかってきました。

 オプティキュア

ClinicalNutrition オプティキュア エイジマネジメントは、3つの老化原因に着目してトータルにケアを行うサプリメントとして開発されました。
◎ マンゴスチン果皮抽出物
糖化物質のAGEsの架橋を切断し、蓄積したAGEsの排出をサポートします。

◎ 発酵茶種子末
AGEsの前駆となる糖質、アルコールの吸収阻害や排出を促します。

◎ レスベラトロール
強力な抗酸化作用で酸化ダメージをケアし、また遺伝子を保護します。

◎ プラセンタ
ホルモン産生や神経、肝臓、睡眠をケアし、ホルモンバランスを整える手助けをします。

◎ コラーゲン
糖化により減少した体内コラーゲン産生をサポートします。

◎ 黒胡椒抽出物
栄養吸収効率を高めます。

商品名: ClinicalNutrition オプティキュア エイジマネジメント
品名:発酵茶種子末含有食品
内容量:42g(120粒)
原料: フィッシュコラーゲン、マンゴスチン果皮抽出物、発酵茶種子末、胎盤加水分解末(馬)、レスベラトロール、黒胡椒抽出物/結晶セルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素
*GMO:組み換え遺伝子原料の使用はありません。
*アレルギー:アレルギー原因原料の使用及び、同一製造ラインでのアレルギー原料の使用はありません。
*1日4~8粒を目安に、就寝前などにお水と共にお召し上がりください。

製品に関するお問合せ。