agenes Labs

マイクロバイオーム研究(ヒト菌叢)

ヒトは37兆個の体細胞と20兆個の血球細胞、そして100兆個の菌からなる単細胞生物の共同生命体です。

有用な菌や侵入する病原性の菌など、これまでヒト共生菌は培養可能種として100種類程度が認知されていましたが、近年の網羅的遺伝子解析技術の発達により、これまで考えられてきた以上の菌がヒトに共生していることがわかりました。
米HMPの解析によると、人類から見つかった共生菌の種類は3000、そして個々のヒトがその中から300種類ほどを選択して共生していることがわかりました。腸内の菌の総量は100兆個と言われています。

そして、個々の菌としての役割だけでなく、菌叢-つまり菌全体として-新たな一つの臓器のような機能と役割として考えることが重要なことがわかってきました。

例えば、マイクロバイオームが注目されるきっかけとなった偽膜性腸炎(クロストリジウムディフィシル症候群)は単体の乳酸菌種の投与又は抗生剤による増殖菌の殺菌では、なかなか治療成績があがりませんでしたが、健康なヒトの菌叢を便ごと移植することで短期間で完治することがわかりました。以降、見落とされていた菌叢としての役割の探索が進み、現在では糖尿病、神経症、免疫疾患など消化器疾患以外の分野での治療有効性が見いだされるに至っており、日々その範囲は拡大されています。

アジェンズでは、腸内菌叢の恒常性や多様性、構成の介入から免疫・神経・慢性腸疾患・体質などへの応用研究を行っております。



マイクロバイオームへのアプローチ

  • 菌叢カクテルの大腸移植介入による恒常性研究
  • 菌叢カクテルの経口移植介入による免疫と恒常性への作用研究
  • プレバイオによる在住腸内菌叢比率への介入、移植菌叢の定着研究
  • 菌叢の効率的な移植DDSの開発

 研究ライン