PHILOSOPHY

理念

 

Agenes A3

アジェンズ株式会社は3つのAに哲学に基づき、製品とサービスを創造します。

Alternative = 既存の習慣にとらわれないものになっているか
Awesome = おどろくほどすごいものになっているか
Appreciated = 理解され感謝されるものになっているか

 

 

ご挨拶

ー agenes ー
アジェンズ株式会社(agenes Inc.)は、抗加齢医学の研究を通じて「予防」、「健康維持」、「根治療法」につながる医療製品・サービスを提供することを目的に設立されたメーカーです。
a+genesには目的と3つの原則が含まれています。

Aの目的
Anti-aging Genes = 加齢をコントロールするスピリッツ(遺伝子)。そして、人々に加齢への対処方法を提供すること目的とする。

モノ・サービス創りのA3原則
Alternative = 既存の習慣にとらわれないものになっているか
Awesome = おどろくほどすごいものになっているか
Appreciated = 理解され感謝されるものになっているか

ー 取り組み ー
ー 抗加齢医療への取り組み
老化にはいくつかの原因があります。
「過剰な酸化」「糖化」「共生菌とのバランス異常」「有害物質の蓄積」「ストレス」
「内分泌(ホルモン)の低下」「免疫の低下及び異常」「遺伝子の異常と損傷」
これらは相関的に作用し、結果的に「体組成機能低下」(筋肉、骨、神経、細胞)「寿命の低下」「発病」につながり私たちは老化して行きます。
アジェンズは一つ一つの原因への検査方法、対処方法の研究を通じてより良い対策を提供して行きます。

ー ヒト菌叢への取り組み
ヒトの細胞は37兆個から60兆個からなると言われていますが、それを遥かに超える100兆個以上の菌が私たちと共生しています。共生場所は皮膚、粘膜、消化器など体外の全てです。
特に最近の菌遺伝子解析技術の発展で、100種類程度とおもわれていた培養可能の菌は2000種類以上が同定され、ひとつひとつの菌が何らかの役割を持って共生していることがわかってきました。
菌は免疫の形成や調整、他の有害菌からの防衛だけでなく、自己生成出来ない栄養素など必要物質、性格や嗜好などの精神面、太りやすさなど体質にも大きく影響しており、驚くほどわたしたちは菌に影響されながら共に生きています。
アジェンズはこれら共生菌の制御方法や診断方法の研究を通じて、抗加齢、診断、治療に貢献します。

ー 再生医療への取り組み
機能障害や失われた機能を回復、再建を可能にするのが幹細胞や幹細胞代謝物を利用した医療です。既存の医療の多くが症状などへの対応であったのに対して、幹細胞医療は根本的回復を狙います。
アジェンズでは、主に脂肪組織由来幹細胞と臍帯由来幹細胞とその代謝物に着目し、正常細胞数回復など加齢対策や治療への応用研究と関連医療施設での臨床研究を進めています。



代表取締役 角間 司朗


 

 

 

Back to top